学部長あいさつ

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2019年4月1日 更新 ]

世界に冠たる大阪大学歯学部

歯学部長 今里 聡(いまざと さとし)

歯学部長 今里 聡(いまざと さとし)

 大阪大学歯学部は、昭和26年(1951年)4月、当時としては旧帝大系に唯一、医学部とは独立した学部として創設されました。爾来、日本の、そして世界の歯科を牽引するトップリーダーを養成することを目標に、最高水準の歯学教育を提供することをモットーとしています。

 東大や京大にはない、世界に冠たるこの大阪大学歯学部で学ぶことによって、歯科医療人・歯科医学研究者としての輝く未来が待っています。

「科学する」歯科医療人の育成

並木

 これまで歯科医療は、主に、材料や技術的側面の進歩を中心に、病気になった部分を除去し、失われた形態と機能を人工物によって回復する外科的療法として発展してきました。しかし、1980年代以降、生命現象を分子・細胞レベルでとらえるようになってからは、生命科学に基づくさまざまな革新が歯科医療にもたらされ、歯学の世界も大きく変貌しています。したがって、これからの歯科医師にとって大切なことは、からだの構造や機能、病気のメカニズムを分子・遺伝子レベルできちんと理解したうえで、正確な診断を行い、科学的根拠に基づいた最適の治療を実践するとともに、病気の発生の予防に力を注ぐことです。

 大阪大学歯学部は、先端的生命科学と従来の外科的療法を融合させ、組織再生療法や予防歯科医学を指向した新しい歯科医療を提供できる、「科学する」歯科医療人の育成を目指しています。

「人生をより豊かにする」歯科医療人の育成

研究科玄関棟

 歯科は歯だけでなく、歯ぐき、歯槽骨(歯を支えている骨)、舌や粘膜から顎顔面までを対象とします。むし歯や歯周病だけでなく、食べることや話すことに関わる問題までも扱います。そして、高齢者が健康で楽しい生活を送るためには、口の健康の保持が不可欠です。口の中を清潔にすることで細菌性肺炎などの感染症が予防でき、また、食べ物を咬めることで全身的な運動能力が保たれ、健康寿命の延長につながります。

 大阪大学歯学部は、口の健康がQOL(Quality of life)に深く関わることを理解し、ひとびとの人生をより豊かにする知識と能力を備えた歯科医療人の育成を目標としています。

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中