歯科保存学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2018年10月1日 更新 ]

対象(授業開始)

歯学部3年生

授業概要

 広義の歯科保存学は、歯を保存し、“Quality of Life”に配慮した歯の機能を維持することを目的として体系づけられている。すなわち、歯とその支持組織(歯周組織)に発症する異常(病気)を認識(診断)し、それ らの予防と治療を行うために、保存修復学、歯内治療学、歯周治療学の3つに大別されている。本科目では、 保存修復学と歯内治療学の教育を行う。

 う蝕と歯周病は、口腔疾患の中で非常に罹患頻度の高い病気である。本科目では、う蝕や歯髄疾患、根尖性 歯周炎などをはじめとする歯の疾患の病因・病態とその診断、予防および治療法を学び、これによって歯の解 剖学的形態と機能を回復させ、顎口腔機能の調和を図ることにより、全身の健康保持に寄与することを目指す。

 このために、歯の正常および病的な状態の理解にはじまり、病気の中でもユニークな存在である歯の硬組織 疾患や歯髄・根尖歯周組織疾患に対する考え方と方針、さらには、人工材料である修復材料の特性や操作法を通じて、より適切な機能回復を理解し、臨床の場で適確に対応できる基礎的な学術を身につける。

学習目標

一般目標(GIO)

歯科臨床において、う蝕や歯髄疾患、根尖歯周組織疾患などの歯の疾患に対する診断、予防、治療を適切に行って、歯の保存と機能維持を図れるようになるために、保存修復と歯内治療に関する基本的な知識・態度および技能を修得する。

行動目標(SBOs)

【1】歯科医学における歯科保存学の領域を説明する(想起)

【2】歯の硬組織疾患の病因、病態、診断法、治療法を説明する(想起)

【3】歯髄・根尖歯周組織疾患の病因、病態、診断法、治療法を説明する(解釈)

【4】歯冠修復の臨床的意義を説明する(想起)

【5】歯髄保護の種類と方法を列挙し、その重要性を説明する(想起)

【6】修復に必要な前処置の目的を列挙し、その方法を説明する(想起)

【7】窩洞形成の意義と方法を説明する(想起)

【8】歯冠修復法の種類を列挙し、その特徴、適応を説明する(想起)

【9】Minimal Intervention(MI)の意義と臨床的対応を説明する(想起)

【10】歯冠修復法に関する基本的操作を実施する(技能)

【11】歯髄保護に関する基本的操作を実施する(技能)

【12】根管治療の臨床的意義と術式、治癒機転を説明する(想起)

【13】外科的歯内療法の種類を列挙し、その適応症を説明する(想起)

【14】歯根吸収の原因、症状、診断および処置法を説明する(想起)

【15】歯髄・根尖歯周組織疾患の急性症状に対する診断と処置法を説明する(解釈)

【16】根管治療に関する基本的操作を実施する(技能)

【17】象牙質知覚過敏症の病因、病態、診断および治療法を説明する(解釈)

【18】歯の外傷の症状、診断と治療法を説明する(想起)

【19】失活歯の修復法を説明する(想起)

【20】歯の変色の原因と処置法を説明する(想起)

【21】疾患治療時の偶発症の種類を列挙し、処置および予防法を説明する(想起)

【22】歯の疾患の診断と治療法の選択について討議に積極的に参加する(態度・習慣)

【23】歯の疾患の診査結果から診断結果を導く(解釈)

【24】歯の疾患の診断結果から治療法を選択する(問題解決)

【25】医療事故の防止や患者の不快感の防止に配慮する(態度・習慣)

学習方略

No 行動目標
(SBOs)
種類 人的資源 物的資源 時期 時間
場所 媒体(メディア)
1 【1】~【9】
【12】~【15】
【17】~【21】
【23】【24】
講義 教員 講義室 パソコン
プロジェクタ
3年生後期-4年生前期 34
2 【1】~【25】 模型実習 教員 実習室 ファントム模型 3年生後期-4年生前期 55
3 【22】~【24】 PBL 教員
学生
講義室 パソコン
プロジェクタ
プリント
4年生前期 10
4 【1】~【25】 臨床実習 教員
コ・デンタルスタッフ
患者
診療室   5年生後期-6年生前期  

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中