口腔病理学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2018年10月1日 更新 ]

対象(授業開始)

歯学部2年生

授業概要

 歯科の二大疾患であるう蝕と歯周炎をはじめとして、顎顔面骨、口腔粘膜、唾液腺、顎関節、咽頭、上顎洞などの口腔の隣接臓器を含めた様々な病気について学び、口腔のプロフェッショナルとして患者に対応できる幅広い知識と診断能力を身につける。

学習目標

一般目標(GIO)

口の病気を的確に把握・診断し、的確な治療を行うプロフェッショナルな歯科医療を行えるようになるために、歯科の二大疾患であるう蝕・歯周炎と口腔隣接臓器を含めた病気の特徴とその成り立ちを理解する。

行動目標(SBOs)

【1】歯の発育異常、歯の損傷や沈着物による形態変化について説明する(想起)

【2】齲蝕の疫学、原因、臨床病理学的特徴について説明する(解釈)

【3】歯髄の病変について説明する(解釈)

【4】根尖部歯周組織の病変について説明する(解釈)

【5】辺縁部歯周組織の病変について説明する(解釈)

【6】歯科治療に伴う治癒の病理、インプラントおよび歯の移植に伴う病理について説明する(想起)

【7】顎口腔領域の発育異常について説明する(想起)

【8】口腔粘膜の腫瘍性および非腫瘍性病変について説明する(解釈)

【9】口腔領域に発生する嚢胞性病変について説明する(解釈)

【10】歯原性腫瘍の分類および臨床病理学的特徴について説明する(解釈)

【11】顎骨に発生する腫瘍性および非腫瘍性病変について説明する(解釈)

【12】口腔軟組織に発生する腫瘍性病変について説明する(解釈)

【13】唾液腺に発生する腫瘍性および非腫瘍性病変について説明する(解釈)

【14】全身疾患による口腔病変について説明する(想起)

【15】顕微鏡を用いて病理組織標本を観察する(態度・習慣、技能)

学習方略

No 行動目標
(SBOs)
種類 人的資源 物的資源 時期 時間
場所 媒体(メディア)
1 【1】~【14】 講義 教員 講義室 パソコン、プロジェクタ 3年生前期 51
2 【1】~【5】
【8】~【13】【15】
実習 教員 実習室 顕微鏡、パソコン、プロジェクタ 3年生前期 21

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中