予防歯科学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2018年10月1日 更新 ]

対象(授業開始)

歯学部3年生

授業概要

 口腔疾患を予防し、口腔の健康を保持増進させるための自然科学的ならびに社会科学的な知識および技術を理解、習得し、かつ、問題解決に必要な態度と能力を身につけることを目的としている。そのために、まず、口腔領域の疫学について学習し、口腔疾患の疫学的特徴ならびにその問題点について理解する。そして、口腔の正常な形成・発育と機能および口腔の環境に影響を与える様々な要因についての知識を通じて、口腔の健康の基本について学習する。口腔疾患、特にう蝕や歯周疾患についての特徴を理解し、個人や家庭レベルでの口腔疾患の診断法や予防法についての知識を習得する。さらに、現在の口腔保健活動における制度の仕組みと現状について学習し、地域歯科医療、学校歯科保健や産業歯科保健での領域における歯科医の任務を知ったうえで、口腔健康管理や健康教育・健康相談等について理解する。

学習目標

一般目標(GIO)

口腔疾患を予防し口腔の健康を保持増進できるとともに、公衆口腔衛生に関する素養を持った歯科医師となるために、口腔疾患の診断法や予防法に関する知識、態度・習慣及び技能を習得し、さらに歯科保健活動・地域歯科保健医療・学校歯科保健・産業歯科保健等の領域における歯科医の任務に関する知識を習得する。

行動目標(SBOs)

【1】口腔と全身の健康との関連を説明する(想起)

【2】プロフェッショナルケア、セルフケアおよびコミュニティケアを説明する(想起)

【3】主な口腔疾患(う蝕、歯周疾患、不正咬合)の予防を説明する(想起)

【4】う蝕予防におけるフッ化物の応用方法を説明する(想起)

【5】ライフステージにおける予防を説明する(想起)

【6】集団レベルの予防と健康管理(地域歯科保健、学校歯科保健、産業歯科保健)を説明する
  (想起)

【7】口腔ケアの意義と効果を説明する(想起)

【8】口腔疾患の疫学的指標を説明する(想起)

【9】フッ化物の歯面塗布を実施する(技能)

【10】予防填塞の手順を説明する(想起)

【11】予防填塞を実施する(技能)

【12】歯周疾患の予防処置を実施する(技能)

【13】口腔の健康度やリスクを評価し、対象者に説明する(態度・習慣)

【14】セルフケアを行えるように適切な動機づけを実施する(態度・習慣)

【15】口腔清掃法の手順を説明する(解釈)

【16】適切な口腔清掃法を指導する(技能、態度・習慣)

【17】食事指導(栄養指導)の手順を説明する(解釈)

【18】適切な食事指導(栄養指導)を実施する(技能、態度・習慣)

【19】生活習慣の口腔衛生に対する影響を説明する(想起)

【20】生活習慣に関して適切に指導する(技能、態度・習慣)

【21】禁煙指導・支援による歯周疾患、口腔がん等の予防を説明する(想起)

【22】ライフステージに応じた食育について説明する(想起)

【23】口臭の原因、診断、検査、治療について説明する(想起)

学習方略

No 行動目標
(SBOs)
種類 人的資源 物的資源 時期 時間
場所 媒体(メディア)
1 【1】~【8】
【21】~【23】
講義 教員 講義室 パソコン、プロジェクタ、プリント、参考書 3年生後期-4年生後期 54
2 【9】~【20】 実習 教員 実習室 参考書、歯ブラシ、ペンライト、プローブ、ビデオ、歯垢染色液、う蝕 活動性試験測定キット、フッ素イオン測定用キット 4年生後期 8
3 【9】【11】~【14】【16】【18】【20】 臨床実習 教員 スキルラボ ミラー、ピンセット、バキュームチップ、デンタルチェアー、フッ化物溶液、シーラント、歯ブラシ、歯垢染色液 5年生後期  
4 【1】~【23】 臨床実習 教員、患者、コ・デンタルスタッフ 診療室   5年生後期-6年生後期 3

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中