外科学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2014年11月28日 更新 ]

授業担当

担当 医学系研究科・医学部教員

対象(授業開始)

歯学部4年生

授業概要

 現在では独立した学問大系となっている歯学と医学はもともと同じ範疇の生命科学に属し、歴史的に見ても比較的近年まで区別されることなく実践されてきている。なかでもその内容及び理念に関して歯学ともっとも関連が深い領域が外科学であり、その概要を把握することは歯学を専攻するために必須であると考えられる。

 医学の分野も歯学と同様、その内容が高度先進化するに従い、ますます細分化、専門化されている。外科学においても臓器別にますます細分化されつつあるが、講義においてはまず前半に総論について解説したのちに、臓器別に解説を行う。

学習内容

【1】近代外科学の概要を把握する。

【2】外科学と歯学の共通点を把握し、外科学の知識を歯学の将来の研究と実践に応用可能であることを認識する。

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中