耳鼻咽喉科学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2014年11月28日 更新 ]

授業担当

担当 医学系研究科・医学部教員

対象(授業開始)

歯学部4年生

授業概要

 医科学の中で耳鼻咽喉科学は歯科学と最も関連が深い。解剖学的に対象とする部位に共通点が多いのは当然であるが、共に機能再建外科としての特徴を有している。耳鼻咽喉科学は現在では耳鼻咽喉科・頭頚部外科と呼ばれることが多いが、我々の扱う頭頚部悪性腫瘍の一部は口腔外科と深い関係がある。耳鼻咽喉科は聴覚、平衡覚、味覚・嗅覚を扱う感覚器内科としての側面を持つが、味覚も歯科との関連がある。本講義を通じて耳鼻咽喉科学を理解し、共に境界領域として接する耳鼻咽喉科と協調、共同して患者の診断、治療が行える基礎知識を修得していただきたい。

学習内容

【1】耳、鼻、咽喉頭の解剖を理解する。

【2】諸検査の方法および結果を理解する。

【3】各疾患の病態を理解する。

【4】各疾患の診断および治療について理解する。

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中