小児科学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2014年12月3日 更新 ]

授業担当

担当 医学系研究科・医学部教員
小児発達学研究科教員

対象(授業開始)

歯学部4年生

授業概要

 小児の疾病の状態を把握するには、まず正常小児の発育状態を正確にとらえる必要がある。発育には、身体発育だけでなく精神および運動面での発育も含まれる。さらに、栄養は、身体発育に重要であり、これらを充分に理解することが大切である。

 小児期において特徴的な疾患として「成長障害」「先天異常」「神経疾患」「消化器疾患」「内分泌疾患」「腎疾患」「心疾患」等を学習し、日常診療に役立てることである。

 発育という小児期独特の因子を加え、成人とは異なる観点から、疾患をみる力を養い理解する。

学習内容

正常小児の発育と栄養に関する基礎的概念、およびその代表的疾患の診断、治療における基礎的知識の習得。

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中