精神神経学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2014年12月3日 更新 ]

授業担当

担当 医学系研究科・医学部教員
保健センター教員

対象(授業開始)

歯学部4年生

授業概要

 精神医学は人間の精神的側面を対象とする医学の一分野である。実際には精神の病的状態、すなわち精神障害の原因、症状、経過、予後、治療などを研究し治療、予防を実践する医学の分野である。

 精神医学は臨床医学の一専門分野として位置づけられるだけでなく、医学を身体医学と精神医学とに二大別すると、医学の二大分野のひとつとしての重みをもっている。近年、患者の精神的側面への配慮が重要視されるようになり、医学部教育においても、一般医師に必要な基礎知識として患者の精神的側面を教育することが要求されている。このことは歯学部教育にもあてはまる。精神的側面を病んでいる患者が歯科的疾患に罹患するのは当然である。また歯科的領域を病んでいる患者も必然的に精神的側面を病んでいるのであって、精神面への配慮を忘れてはならない。

 この授業は、精神的側面を病んでいる患者を歯科治療する際の基礎知識として役立つであろう。また実際に歯科治療において精神的疾患と歯科的疾患の境界をさまようような患者がいる。歯科治療実践において実際に生じるこのような複雑な問題を扱うところまでは触れられない。むしろそのような複雑な疾患を理解するための基礎となる精神医学全体の理解を目標とする。

学習内容

【1】精神医学の対象領域、関連領域について理解する。

【2】精神障害を来す疾患について全体像と大まかな分類について理解する。

【3】精神症状の種類と把握の仕方について理解する。

【4】身体因性の精神障害、すなわち器質的精神障害、症状精神病、てんかんなどについて理解する。

【5】神経症と人格障害について理解する。

【6】精神分裂症、躁うつ病について理解する。

【7】患者に対する接し方について一般的理解を得る。

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中