顎顔面外科学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2018年10月1日 更新 ]

対象(授業開始)

歯学部3年生

授業概要

 本講座(旧口腔外科学第一)は臨床では、唇裂・口蓋裂、悪性腫瘍、外傷、顎関節症、顎変形症、の専門外来を設け綿密な経過観察を行い、適切な治療方針の確立と治療成績の向上に努めている。研究面では、口腔機能と悪性腫瘍を二大テーマにしている。

 口腔機能の基礎研究では、鼻咽腔閉鎖を含む口腔気道系の機能を神経生理学的手法を用い解析している。臨床研究ではHotz 床を唇裂・口蓋裂患児に適応し、術前の顎発育の誘導と哺乳補助による新しい唇裂・口蓋裂患児の管理システムの確立を目指している。

 悪性腫瘍の研究では、唾液腺癌細胞と扁平上皮癌細胞を用い、細胞生物学的及び生化学的にその細胞分化と癌浸潤・転移のメカニズムの解析を行っている。

 口腔外科は歯・顎口腔領域の診察と同部の病態を診断し、これらの予防と治療を目的とする分野であり、そのため広範な歯科ならびに医科的知識及び手術手技の習得を必要とする。本講義は疾患の診断学と治療学を対象とする。診断は、病態を正確に把握し適切な治療を行うために重要な過程であり、医療の基本である。基本的な診察法及び診断法について十分理解を深めることを第一の目標とする。口腔外科での診断法は内科、外科等の他領域と原則的には同様であるが、口腔外科疾患は口腔の局所的な特殊性から他領域の疾患とは異なる症状を示すことも十分理解する必要がある。すなわち、問診、現症の把握、臨床検査といった一般的な診察法について理解するとともに口腔・顎機能検査に対する知識の習得を目標とする。診察法、診断法を習得させた後、各疾患の確定診断及び鑑別診断さらに治療についての説明を行う。

 顎顔面、口腔領域に生じる各種疾患(炎症性疾患、腫瘍、外傷、嚢胞、唾液腺疾患等、また全身疾患との関連)について臨床所見のみならず病理組織所見等も含めてその病態を理解し、疾患の確定診断に至る考え方を習得させる。先天性疾患についてはその徴候、診断のみならず、形態的、機能的な障害に関する概念を習得させる。

 治療では外科的処置をはじめ、薬物療法、免疫療法、理学療法についての講義を行う。薬物療法では特に薬剤の性状(薬理作用、副作用等)と臨床応用について講義を行う。

学習目標

一般目標(GIO)

口腔外科疾患に対してその病態を正確に把握し適切な治療を行えるようになるために、口腔外科での診断法、症候論、口腔外科疾患の特徴、病態を把握しその診断および治療を行うのに必要な知識、態度・習慣、技能を習得する。

行動目標(SBOs)

【1】口腔外科疾患の診察・検査法、症候を説明する(想起)

【2】人体の発生、口腔・顔面の発生を説明する(想起)

【3】先天異常の成立原則、成因、発生予防、対処を説明する(解釈)

【4】歯、顎骨、口腔軟組織の先天異常を説明する(想起)

【5】先天性奇形、症候群、歯・口腔・顎・顔面に現れる形態異常を説明する(想起)

【6】口唇裂・口蓋裂に対する形成術を説明する(想起)

【7】上・下顎前突症、小顎症に対する顎矯正手術を説明する(想起)

【8】外傷の原因、病態、診断法、損傷治癒過程、治療法を説明する(問題解決)

【9】顎顔面外傷の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【10】口腔・顔面軟組織の損傷の治療法を説明する(想起)

【11】顎顔面骨骨折の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【12】顎嚢胞の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【13】軟組織に発生する嚢胞の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【14】口腔粘膜疾患・類似疾患の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【15】唾液腺における炎症性疾患の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【16】唾液腺における異物の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【17】唾液腺嚢胞の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【18】唾液腺腫瘍の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【19】顎関節における機能異常の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【20】顎関節における発育異常の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【21】顎関節における外傷の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【22】顎関節における炎症性疾患の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【23】顎関節における腫瘍の病因、病態、診断法、治療法を説明する(問題解決)

【24】周術期における全身管理について説明する(想起)

【25】口腔癌の治療法について説明する(想起)

【26】顎顔面インプラント治療について説明する(想起)

【27】医療面接の手順を説明する(想起)

【28】医療面接を実施する(態度・習慣、技能)

【29】診断に必要な口腔内、口腔外の診察を体験する(技能)

【30】口腔外科処置に必要な器具・材料を列挙する(想起)

【31】口腔外科処置に必要な器具・材料を準備する(技能)

【32】臨床検査(採血、血圧測定等)を体験する(技能)

【33】注射(静脈注射、筋肉注射、皮下注射、皮内注射)を体験する(技能)

【34】ガウンテクニック、手指の消毒、手術用手袋の装着を体験する(技能)

【35】口腔外科外来における手術を体験する(技能)

【36】病棟及び手術場における入院患者に対する処置を体験する(技能)

【37】市中病院の歯科・口腔外科における外来・入院患者に対する処置の概略を述べる(解釈)

【38】市中病院の歯科・口腔外科において外来・入院患者に対する処置を体験する
  (態度・習慣、技能)

学習方略

No 行動目標
(SBOs)
種類 人的資源 物的資源 時期 時間
場所 媒体(メディア)
1 【1】~【26】 講義 教員 講義室 パソコン、プロジェクタ 3年生後期-4年生後期 50
2 【27】【28】 臨床実習 教員 講義室 パソコン、プロジェクタ 4年生後期 2
3 【28】~【38】 臨床実習 教員、コ・デンタルスタッフ、患者 診療室   5年生後期-6年生前期  

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中