歯科矯正学

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2018年10月1日 更新 ]

対象(授業開始)

歯学部4年生

授業概要

 歯科矯正学とは、乳・幼児期から壮年期、老年期までに生じる成長・発育と加齢に伴う軟組織を含む口顎諸構造の形態・機能の変化、およびそれらの社会的な表現である容貌の認識メカニズムを科学的に探究すること、またそこから得られる知見を基礎として、天然歯の咬合ならびに容貌を改善し、それらの健康の維持を図るための最適な診断技術と歯科治療技術を開発することを目的とする臨床歯科医学の専門分野である。その目指すところは、患者の自尊心の涵養と回復、そして維持である。
 授業概要としては、

(1)骨の形成異常や顎変形症に起因する咬合異常を含むあらゆるタイプの咬合異常(不正咬合)の病因、診断、予防、抑制および治療について講義する。矯正診断と治療計画立案のプロセスを問題指向型の推論作業とみなす立場から述べる。咬合異常の形成・維持に関連する口腔周囲諸構造の機能的ならびに形態的影響についての評価とそれらの影響を排除するための治療法についての解説も含まれる。

(2)可撤式矯正装置、機能的矯正装置、顎外固定装置、顎整形装置、包括矯正装置の設計、作用機序、応用ならびに調整方法について、講義ならびに実習を通じて理解させる。矯正装置を構成する材料や矯正力のメカニズムについて習得させる。

(3)頭蓋顔面諸構造の間の最適な生理的および美的関係を獲得し維持するための、歯とその支持組織の成長誘導について理解させる。

(4)臨床診査、診断資料の分析、治療計画の立案プロセスの数理工学的理解とコンピュータの活用について理解させる。

(5)診療契約について解説する。

学習目標

一般目標(GIO)

矯正歯科臨床において、咬合異常に対する診断と治療を適切に行い、口と顔の成長・発育、咬合ならびに関連する周囲組織の機能の改善と維持を図れるようになるために、歯科矯正臨床に関する基本的な知識、技能および態度を習得する。

行動目標(SBOs)

【1】顎・顔面、歯・咬合を含む身体の成長発育を説明する(想起)

【2】正常咬合、咬合異常(不正咬合)の定義と分類を説明する(想起)

【3】咬合異常の原因と咬合異常によりもたらされる障碍について説明する(解釈)

【4】乳歯列期より永久歯列期にいたる咬合異常の診断法、予防法、治療計画の立て方および治療術式
  について説明する(解釈)

【5】診断準備システムを活用して診断と治療計画の立案を行う(問題解決)

【6】歯の移動のメカニズムや矯正力・顎整形力の作用機序を説明する(解釈)

【7】矯正治療で用いる器具、材料を列挙し、その使用方法を説明する(想起)

【8】診療契約の概念と実務、特に説明責任と管理責任について説明する(想起)

【9】保定について説明する(想起)

【10】成長期の児童の社会心理発達について説明する(想起)

【11】代表的な矯正装置を列挙し、その特徴を説明する(想起)

【12】一般歯科医が扱える矯正装置を模型上で製作する(技能)

【13】積極的に講義、実習に取り組む(態度・習慣)

学習方略

No 行動目標
(SBOs)
種類 人的資源 物的資源 時期 時間
場所 媒体(メディア)
1 【1】~【11】【13】 講義 教員 講義室 パソコン、プロジェクタ 5年生前期 53
2 【12】【13】 模型実習 教員、学生 実習室 模型 4年生後期-5年生前期 15
3 【5】【13】 模擬診断実習 教員、学生 実習室 パソコン、プロジェクタ、プリント 5年生前期 7
4 【1】~【13】 臨床実習 教員、コ・デンタルスタッフ、患者 診療室   5年生後期-6年生前期  

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中