総合歯科学特論

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2014年11月28日 更新 ]

授業担当

担当 歯学研究科・歯学部各教室教員

対象(授業開始)

歯学部6年生

授業概要

 臨床実習に入るまで各学問領域から専門的教育がなされてきたが、6年次の臨床実習中に実施される総合歯科学特論は、臨床と基礎または機能と形態といった学問領域において、全教室・部において展開されている研究内容をそれぞれの講師が口腔科学の未来を見据えて解説する。

学習目標

一般目標(GIO)

総合的な思考力を身に付け、自らの将来を見据えて臨床実習に臨むことができるようになるために、本学において展開されている研究内容を理解し、リサーチマインドをもって臨床実習にのぞむ能力を習得する。

行動目標(SBOs)

【1】講義に積極的に参加する(態度・習慣)

【2】専門的研究に興味を示す(態度・習慣)

【3】興味のある分野の研究内容を説明する(想起)

学習方略

No 行動目標
(SBOs)
種類 人的資源 物的資源 時期 時間
場所 媒体(メディア)
1 【1】~【3】 講義 教員 講義室 パソコン、プロジェクタ 6年次 15

詳細(KOANシラバス)

「準備中」

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中