社会実装

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2019年11月28日 更新 ]

学部前・デジタルサイネージ

デジタルサイネージ画像

 大阪大学大学院歯学研究科は、我々が持つ技術や知識を使って新しい歯科材料や医薬品、治療技術を開発し、社会実装することで日々、社会に貢献しています。歯学部学部玄関前にて、その内容をデジタルサイネージでご案内しています。

2019年9月2日


■コンテンツ


1.研究成果の社会実装例
 その1 世界初の抗菌性を備えた歯科用接着材
      商品名:クリアフィル® メガボンドFA(クラレ社)      
 その2 世界初の歯周病再生治療薬
      商品名:リグロスⓇ歯科用液キット(科研製薬社)      
 その3 歯周病予防のための製品  
      商品名:オーラテクトガム(ロッテ社)
      商品名:クルクリンPGガード(サラヤ社)
      商品名:ORCOA(ヤマトエスロン社)     
 その4 グミゼリー
      商品名:頭脳グミ(UHA味覚糖社)     
2.歯工連携プロジェクト
    1)イノベーティブデンティストリ―戦略室とは
    2)自治体との連携(2019年2月~)
    3)歯工連携キックオフ・イベント開催(2019/2/1) 


  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中