ダッタン蕎麦の成分ケルセチンによりタンパク質凝集体のオートファジーによる分解が促進することを解明

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2021年8月6日 更新 ]

 大阪大学大学院歯学研究科の碇純子元特任研究員(研究当時。現在は京都大学大学院医学研究科の特任研究員)、Lu Shiou-Ling(ル ショオリン)特任助教(常勤)、野田健司教授らの研究グループは、ダッタン蕎麦の成分ケルセチンによりタンパク質凝集体のオートファジーによる分解が促進することを明らかにしました。

 これまでダッタン蕎麦は、その健康増進効果に注目されてきましたが、その作用機序は未解明で多くの研究がされています。

 今回、野田教授らの研究グループは薬用酒にふくまれる生薬成分のオートファジーへの影響を調べることでダッタン蕎麦の成分ケルセチンによりタンパク質凝集体のオートファジーによる分解が促進することを明らかにしました。

 これにより、ダッタン蕎麦をはじめとするケルセチンを含む食品の健康増進への作用機序が明らかにされることが期待されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中