口腔がんで失った「ことば」を取り戻す AIを用いたコミュニケーションツールの開発を目指してクラウドファンディングを開始します

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2021年9月1日 更新 ]

口腔がん術後の患者さんは、「ことば(話す機能)」が障がいされるため、日常生活でのコミュニケーションが困難になります。大阪大学大学院歯学部研究科 顎口腔機能治療学教室では、口腔がん術後患者さんの失われた「ことば」を取り戻すために、AI(人工知能)を用いたコミュニケーションツールの開発を行います。その研究費用として第一目標を500万円としたクラウドファンディングを9月1日(水)から開始します。

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中