2021年10月18日(月)~19日(火) オンラインISWを開催しました。

[ 編集者:歯学部・歯学研究科   2021年11月22日 更新 ]

2021年10月18日(月)~19日(火) オンラインISWを開催しました。

 大阪大学歯学部では、毎年、海外の歯学部学生を短期間受け入れ、大阪大学歯学部附属病院での診療見学や講義を中心としたISW(International Student Week)と呼ばれる研修を行ってきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、海外の学生を受け入れることが依然として困難な為、本年7月に引き続き、10月18日(月)~19日(火)の2日間、ISWのオンライン版を実施しました。今回は、初参加となるシーナカリンウィロート大学(タイ)、香港大学(中国)、台北医学大学(台湾)を初め、これまでも参加経験のあるガジャマダ大学(インドネシア)、慶北大学校(韓国)、チュラロンコン大学(タイ)、チェンマイ大学(タイ)、マヒドン大学(タイ)から、合計100名ほどの歯学部生が参加しました。
 初日は、今里 聡歯学部長による挨拶から始まり、歯学部附属病院の5つの診療科のバーチャル見学、そして口腔補綴分野における接着歯学についての講義が行われました。2日目には、口腔癌に対する放射線療法についての講義と歯周科の症例ディスカッションが実施され、両日とも参加学生が非常に興味深く聴講していました。
 また、大阪大学歯学部5年生が企画・進行を担当した学生交流会においては、大阪大学からも5名の歯学部生が参加し、各参加大学の学校紹介やグループディスカッションが行われました。参加学生からは、実際に大阪大学歯学部で勉強してみたい、もっといろいろな診療科を見てみたいとの感想が多く寄せられました。
 大阪大学歯学部では、今後も引き続き、このように国際交流の発展に取り組んでいきたいと考えています。

オンラインISWの様子

オンラインISWの様子

  • ホーム
  • ページトップ
  • 印刷
  • YouTube
  • 文字サイズ大

    文字サイズ中